活動成果

   
開催行事概要 研究所報告  開催行事概要  刊行物  その他の活動成果

 

 平成27年度  
 第12回柿田川シンポジウム 柿田川、そのもたらすもの~実質的な恩恵、やすらぎ、くつろぎ~
 

開催日:平成27年11月8日(日) 13:30~16:50

会 場 :ホテル・エルムリージェンシー ミーティングルーム(静岡県清水町)

  プログラム(PDF)

 

講演内容(PDF)

・第一部 柿田川生態系研究会からの成果発表
  三島 次郎 (桜美林大学 名誉教授) 「柿田川生態系研究会の取り組み」

  加藤 憲二 (静岡大学理学部地球科学科教授) 「富士山地下圏を流れる水と微生物」

  竹門 康弘 (京都大学防災研究所水資源環境研究センター准教授) 「柿田川における水生生物の栄養起原と食物網構造」

  谷田 一三 (大阪市立自然史博物館 館長) 「大規模河川、柿田川のトビケラ-種組成の特異性と生物季節-」

・第二部 地域の方々からの発表

  芹沢 春陽 (清水町立清水小学校6年) 「大切な宝物 柿田川のすばらしさと私」

  加藤 大介 (清水町立清水中学校2年) 「柿田川とともに~減りつつある柿田川のウナギを一例に~」

   梅村 幸一郎 (国土交通省沼津河川国道事務所事務所長) 「柿田川を守る地域の取り組み」

   関 義弘(清水町 副町長) 「柿田川を活かしたまちづくり」

 

・第三部 参加者による意見交換会